お試ししてみる

ファンデーションを塗る女性

色白で透明感のある肌は女性にとっての憧れですが、肌の色よりワントーン明るめのファンデーションを選ぶことで、このような効果を出す事が可能です。
首との色の違いが目立つイメージがありますが、最近のファンデーションは光の効果を狙ったものが多く、多少明るめの色を塗っても白浮きしないようになっています。
特に中心部に光を集めるような塗り方をすれば、光の反射を利用して多少明るめの色でも違和感なく、透明感のある仕上がりになります。
使い方のコツとしては、化粧下地が白くならないタイプのものがおすすめです。
また、ファンデもパールなどが少なめのナチュラルな仕上がりになるものが向いています。
顔の中心に光が集まるように真ん中から外へと伸ばすように塗っていき、フェイスラインと首の境目はぼかすように塗るのが大切です。

汗をかきやすく皮脂の分泌も活発な夏は、ファンデーションの化粧崩れが気になる季節です。
リキッドやクリームファンデはやや重めで、化粧崩れしてしまうと直すのが大変になってしまいます。
そこで、パウダーファンデの水ありタイプを使用するのがおすすめです。
水を使って塗ることでファンデがしっかりと肌に密着しやすくなり、カバー力も高くなります。
また、水のおかげで肌の体温を下げることができて、皮脂の分泌を防ぐ事ができ、化粧崩れしにくくなります。
均一に伸ばすことができるようになるので、肌の色むらを防いできれいな仕上がりにすることができます。
コツとしては、スポンジに水を含ませ過ぎないようにすることと、厚塗りにならないように注意することです。